沖縄県地域医療支援センター

沖縄の研修医の話

循環器内科医として、 そしてジェネラリストとして、沖縄の地域医療に貢献したい。

山城俊樹先生
INTERVIEW
沖縄県立南部医療センター・こども医療センター
内科専攻医
山城 俊樹 先生
Toshiki Yamashiro
出身地:沖縄県
出身大学:琉球大学医学部地域枠2期生(2015年卒)
大学卒業後、沖縄県立南部医療センター・こども医療センターにて初期研修を終え、引き続き同センターの内科専攻医研修プログラムで研修中。サブスペシャルティは循環器を専攻。
Hospital Data
沖縄県立南部医療センター・こども医療センター
沖縄県立南部医療センター・こども医療センター
〒901-1193
沖縄県島尻郡南風原町字新川118-1
TEL:098-888-0123

 

小児から成人、軽症から最重症まで、幅広い症例を経験

小児から成人、軽症から最重症まで、幅広い症例を経験

「ここでは小児から成人まで幅広く診られるため、ジェネラリストとしての力を身につけることができるんです」

そう充実した笑顔で語るのは、沖縄県立南部医療センター・こども医療センターの内科専攻医で、卒後3年目の山城俊樹先生だ。同センターは434床の急性期病院で、胎児期から成人までを対象とした、あらゆる疾患に対応できる全国でも数少ない機能を有した病院である。

山城先生は中学時代に軽い不整脈を起こし、病気について調べるうちに循環器内科医に興味をもった。循環器内科医になって沖縄の地域医療に貢献したいという思いから、地域枠で琉球大学に入学。卒業後は同センターで初期研修を行った。山城先生_2122

「たとえば親戚の子どもが熱を出しているのに、小児は専門じゃないから診ることができないというのは医師としてどうなのかなと思ったんです。循環器内科の患者さんの多くは中高年であり、循環器内科医を目指す僕にとって小児を診る機会は研修期間しかありません。当センターでは小児から成人、軽症から最重症まで幅広い疾患を経験できると思い、研修病院に選びました」

この続きを読む…